第四回目「傾聴」

6月14日に保育士さんのShaberi-BA☆第4回目、
「笑顔の広がるコミュニケーション講座“傾聴”」
を開催してまいりました。


今回は、つかみでコーリードの西塚

(吉本花月の舞台に立った経験を持つ)より


笑いのこぼれる「ノリノリ!」を披露してもらい、
全体がズッコケたところで……。

保護者会でも場をあたためるのに使える
アイスブレークを2種類みなさんと体験し。

「話を聞いてくれない園長先生と、必死で訴える主任」
「複数担任で、後輩の話を聞かずに横取りする先輩」
「仕事をしながら、子どもの話しを聞いてるつもりで聞いていない先生」


~という3つの鬼気迫る寸劇で
私がきついほうの役(つっこみ)を、
西塚がおろおろするほうの役(ボケ?)を演じて
参加者のみなさんの日常を思い起こしてもらい……。


そして、そこを元に
“聞いてもらえなかった場面”
“自分が聞けていないとき”
“聞いてもらった感じがしたとき”

について、お話してもらいました。

参加者のみなさまからは

「そういわれてみれば、あのときが?」
「お互いにWin-Winな意見交換ができると、
 聞いてもらっていると感じる。」

などなど、ライブな意見が出てきました。

そして、その後は傾聴ワークを。
ふだん無意識にしていることを、あえて意識的にやってみると
自分のコミュニケーションの中で
「できていること」に気がついたり、
知らなかった知識に出会ったりします。

テーマを「楽しいこと」「やりがいを感じること」として
あらかじめシートに記入していただいたので
お話始めてからはどんどん会話が盛り上がり、笑顔が広がり……。

「こんなことまで話すつもりじゃなかったのに!」
という感想も出てきました。


ふだんは意識をせずに同僚・親御さん・子どもたちと
しているコミュニケーションですが
あらためて立ち止まり、意思的に

「声のトーン」
「テンポ」
「姿勢を同じにする」

を心がけてみることで、
はじめはぎこちなさも感じるかもしれませんが
より深く、相手に寄り添うコミュニケーションが生まれ
自分の本音が相手に伝わりやすくなります。

「明日から、さっそく試してみたいです」
「意識してみて、あらためて奥深さに気がつきました」

……といった感想が聞こえていました。