事業内容

保育士のコミュニケーション力が      園~家族~社会を元気にします!
保育士のコミュニケーション力が      園~家族~社会を元気にします!

保育士さんのShaberi-BA☆では、

保育にかかわるすべての人を、コミュニケーションでサポートします。

 

 <事業内容>

 

1.保育士向け公開セミナー

2.園内コミュニケーション講座 企画・提案

3.園経営者向けコーチング・人材コンサルティング事業   

 

     ~2.3.につきましては随時受付中です。  

        ヒアリング後、ご提案いたします。

 

一方的なレクチャーではなく、体感型・共感型の学びが即戦力につながります
一方的なレクチャーではなく、体感型・共感型の学びが即戦力につながります

1.公開セミナーについてはこちらをご覧ください

   

2.園内コミュニケーション講座で期待できること

 

■臨機応変に動ける能力

 

■自発的に考える発想力

  

■柔軟性を持った対応力

 

■相手が受け取りやすいように伝える能力

 

■真意を聞き取る能力  

 

■保育士としての自信

 

■保育士の仕事に対するモチベーションUP  

 

■保育士間の人間関係の円滑化

 

■保育士が辞めない園作り

■フォローし合える体制作り

 

<保育園 園内研修 提案 事例>

   

コミュニケーション講座 3時間プログラム

 

<プログラムの内容>

■  アイスブレイク (場を和やかにするための簡単なゲーム)

 

■  挨拶 (松原・西塚)

 

■  自己紹介 (保育士さん、1人一言自己紹介または他己紹介)

 

■  [自分のコミュニケーションのパターンに気付く] 

・講師(松原・西塚)のデモ(よくありそうな事例を3つ)

・デモを見て気付いた事をペアで話す。→何人かに発表してもらう。

 

■  [自分のコミュニケーションパターン~相手の気持ちに気付く。]

 ・  傾聴のエクササイズ

ペアになって1人が~のテーマについて話す。もう1人は、聞いているふりをする。

2回目は、1人が~のテーマについて話すのを心から聴く。

行ってみてお互いに何を感じたか気付いた事を話す。→ペアごとに発表

(話す人・聞く人の役割を交代して行う)

 

■  [コミュニケーションをさらによくするためには?]

・「どうしたらよいのか?」各自で考え、隣同士で話をする。

・  相手が心を開くために大切なこと→相手の状態に合わせる

『ペーシング』について 説明(呼吸・話すスピード・姿勢等を合わせる。)

・  ペアで『ペーシング』しながら話をする。聞く。

・  『ミラーリング』相手の動きを見て相手と同じ動作をする。

・  言葉を使わず、ジェスチャーで伝えたい事を相手に伝える。

行ってみて気付いた事を発表

 

【解説】

 

■  [人と協力して目標を実現するには?]

・4~5人のグループに分かれ、

協力し合って完成させるゲームを行う。

・グループで気付いたことをシェア

 

■ [自分自身の素晴らしいリソースに気付く]

・  エクササイズ「私は見ている」「私は感じている」

 

3~4人のグループを作る。

1人のメンバー(Aさん)にグループの他のメンバーが

「見えて好きなこと」「感じて好きなこと」

を1人ずつコメントしていく。

 

「私は~さんに○○○が見えます。そして私はそれが好きです。

「私は~さんに○○○を感じます。そして私はそれが好きです。」

全員がAさんの役割を行い、すべてのメンバーからコメントをもらう。

 

■ [ 今日の振り返り&感想&まとめ ]